意味がわかると怖い話のコピペを解説付きでまとめたサイトです。

初めてご覧になる方は私見で難易度とオススメ度をまとめた記事があるのでそちらを参考に御覧になるか、ページ下のサイト内人気ランキングを参考にされるのがおすすめです。

意味がわかると怖い話の解説と概要 1

意味がわかると怖い話の解説と概要 2

解説と概要は随時追加するつもりですが、まだ追いついていないので他の記事もご覧になりたい方は右側のカテゴリから御覧ください。



当サイトの解説に関してはすべてオリジナルでやらせていただいています。

解説を引用されるケースが多々ありますが、悪意があると判断した場合にはサーバー及びGOOGLEの検索へ削除依頼をすることがあります。

原則的に転載は禁止とさせていただきますが、当サイトのどこの記事を引用しているのか明確にし、該当記事をリンクしている場合はこの限りではありません。

詳細はカテゴリの無断転載についてを御覧ください。




ある夫婦に5歳になる娘がいた-意味がわかると怖い話 解説 コピペ

ある夫婦に5歳になる娘がいた。

夏休みのある日、朝娘が起きてきたら変なことを言った。

「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。パパ、ママ、ウカヤヘテギン。」

両親はなんのことかわからず、娘に聞いてみたが娘は泣き叫ぶだけで、やっぱりなんのことかわからなかった。


そんなことが数日続き、流石に夫婦も気味が悪くなり霊媒師に見てもらおうと、娘の声を録音した。

録音した次の日の朝、娘が起きてくると、

「エニソヌレチキエザン。エニソヌレチキエザン。」

と、いつもと違う言葉を言った。

妻はその声も録音した。


次の日、娘が急死した。

葬儀も終わり、やっと落ち着いた夫婦は「このテープもあの娘の最期の形見になっちゃったわね。」と、テープを再生した。

懐かしい娘の声がそこにはあった。

もう一度、聴こうとした夫婦は急いで家から逃げ出した。
楽天市場girls


【解説】

この意味がわかると怖い話の解答は、娘の発した『ウカヤヘテギン』『エニソヌレチキエザン』という単語にある。

ウカヤヘテギンの部分をローマ字表記するとukayaheteginとなる。

これを逆から読むとnigetehayaku、つまり逃げて早くとなる。

同様にエニソヌレチキエザンをローマ字表記するとenisonuretikiezanとなる。

これを逆から読むとnazeikiterunosine、つまり何故生きてるの死ねとなる。

一見するとよくこんな暗号文のようなメッセージに気づいたなと感心するが、逆再生の言葉の発音はローマ字にして逆さに読んだ発音と同一になるため、『もう一度、聴こうとした夫婦は急いで家から逃げ出した』とあるため、その時に逆再生して偶然気がついたものと思われる。

逆再生で歌を歌う女性や映画エクソシストで使われたりと逆再生そのものは割とメジャーな手法ではあるが、突然使われると電波な人にしか見えないので注意しよう。

ある夫婦に5歳になる娘がいた-意味がわかると怖い話 解説 コピペ








ランキングに参加しています
いつも応援ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ










ブログパーツ
posted by 意味がわかると怖い話 at 12:00 | Comment(1) | 意味がわかると怖い話 解説付き コピペ 3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルミてきには難しかった(´・_・`)
Posted by 奈々川るみか at 2016年08月27日 11:07
コメントを書く
お名前:

コメント: [必須入力]


大人のケンカ必勝法

勉強できる子のママがしていること

医師転職

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。